学校用防災用品も扱っています。
理科・技術科の教材・教具製作、修理お任せ下さい!
当社の教材・教具はちょっと違います。
   
教材教具、「都合のよいものがありそうでない」。現場の先生方からよく出る声です。
教材・教具は児童・生徒の学習理解を助けるためのものであり、先生が児童・生徒の現状理解の程度、またこれからどこまで理解させるかなどを総合的に考え、必要なものを的確に用意する必要があります。
紙のプリントなどを用意するのは比較的簡単ですが、実験・実習題材などは簡単にはいきません。そのため普通にはやむなく「既製品」を使うことになりますが、最善かどうかは常に?です。
すなわち先生方はいろいろとすばらしいアイデアをお持ちなのですが、なにぶんにも「物」であり、簡単に作るというわけにはいかない、一方メーカーは教材・教具などには「教育効果」が要求され、それが設計の中心になる、また当然、物としての安全性、耐久性も要求されることから、普通の製品開発・設計・製作とはいきません。
さらに授業に間に合わせなければ意味が無い、それもそのときの児童・生徒の理解度に応じたものにしないといけないことから都度、「物」の根幹にかかわる設計変更ありで「イチから」、困難を極めます。
実は「最善となる教材作り」をするには、前提として先生もメーカーの「ものつくりシステム」をくわしく知っている、またメーカーも現場、特に「職員室の事情」をくわしく知っている必要があります。
そこで当社では「職員室の事情」をよく知っている、日本で数少ないメーカー、有限会社平川製作所と連携し、先生の望まれる教材・教具を迅速・的確にご用意させていただきます。
すなわちご予算の範囲で、臨機応変に素早く最善の効果が得られるものを用意することができるのが他社と当社との決定的な違いであり、ピンポイントに狙いを定めたものから、複数の狙いを有したものまで先生のご指導計画に素早く精密にあわせ、ご用意させていただくことができます。
※ 教材と教具の違いについて
明確な区別・定義はありません。一般的に概ね「教材」は「教える(ための)材料」であり、有形・無形を問わない「学習材料」の全てと解釈されています。代表的なものは教科書、プリントといったものですが、例えば「地域の人々の証言」といった無形物も教材になります。
一方「教具」は「教える(ための)道具」であり、主に教員が使用する、主に有形のものと解釈されています。代表的なものは黒板などで、理科であれば演示用実験装置(教師用実験装置)などもこれに含まれます。
また「題材」は「学習課題材料」のこと、より広い意味を持つと解釈されており、一般的に学校現場ではこの一般的な解釈に従っての区別がされていることから、以下、この解釈に従っての記載とさせていただきます。
各都道府県市町村、それぞれの教育委員会、学校によって同じ物品でも「教材」「教具」「備品」「学校設備」と解釈・分類が分かれ、扱いが違います。詳細につきましては直接、管轄されている部署にご確認の上、当社にお問い合わせ下さい。
修理・メンテナンス、「まとめて一式」お請けします。
(理科)(例です。他にもいろいろできます。)
電流計・電圧計・検流計・誘導コイル・電源装置・電子温度計・騒音計・照度計・音叉・力学台車・光学顕微鏡・電熱器・半導体レーザー光源・熱量計・真空ポンプ・バンデグラフ・光学望遠鏡・アマチュア無線機・発電機・]線発生装置、ヘルツの実験装置。各種動植物・鉱石標本などの修理・メンテナンス。
(技術科)(例です。他にもいろいろできます。)
のみ、かんななどの木工手工具・けがき針、定規などの金工用手工具・各種カットモデル・パーソナルコンピュータ・回路テスター。
製品  〜子供たちの夢と未来を実現するために。当社の教材は最先端科学技術の結晶です。〜
○教育用KURAMA(クラマ)(中学校理科・技術科、高等学校物理など)(教材・教具)
   新学習指導要領 中学校理科全般対応です。(3年生 科学技術と人間など)
京都大学開発の放射線自動計測システム Kyoto University RAdiation MApping system です。
原子力事故対策用として急遽、開発されたかなしいいきさつがあり、福島の被災地などで活用されていますが、KURAMAは自然放射線(環境放射線)を正確に計測できる優れたシステムです。
本来、さまざまな自然情報を私たちにもたらしてくれる環境放射線を計測することは重要、その計測の基本形、すなわち放射線計測とその応用について知り、環境放射線について理解するのにKURAMAは最適です。
平川製作所は自然を知るためのKURAMAとして教材化、学校教育現場にお届けします。教材とはいえど、本物の高度なKURAMAであり、京都大学は教育の重要性を鑑み、教育目的に限定してのライセンス契約なしの利用を認めています。他目的利用は認められません。
                                  教育用KURAMA
 (平川製作所のホームページにリンクします。)
   
                                          京都教育大学研究紀要 NO.125,pp.63〜75  論   文
○無停電太陽光発電装置(中学校理科・技術科、高等学校物理など)(教材・教具・学校設備)
   新学習指導要領 中学校理科1分野対応です。(3年生 科学技術と人間)
一般の実験的な太陽光発電装置とは異なり、商用電源も併用する本物の無停電型太陽光発電電源装置です。
標準で教材・教具としても使用できる、100(W)出力のものをご用意させて頂いています。
本物の高信頼性実用機(無停電電源装置)ですから太陽光発電実験などのみならず、どうしても電源を落とすことのできない学校のちょっとした設備電源(成績管理用のパソコンなど)にも安心して使用できます。
無論、同様機能・構成の1(kW)超えのもの、地震対策用(実用新案)、雷対策用(特許)、その複合型(内閣府ガイドライン技術要求クリア)も自在に製作できますから、学校防災用電源システムとしてもお問い合わせ下さい。
100W機は、本来は市町村防災無線中継局から一般家庭までの使用を考えた防災用電源であり、例えば一般家庭であれば、写真のように、南向きベランダのちょっとしたスペースがあれば、太陽光パネルも含めて一式、設置することができるように設計されています。

 

                 仕 様 書

希望小売価格 : 600,000円から

納期 : 受注生産品。1機 約1ヶ月。

(制御給電箱のみ。消費税、送料、お打ち合わせ費用(出向実費)別。太陽光パネル、バッテリ、施工別。太陽光パネル、バッテリ、施工はお客様側でご用意、また実施いただけますが、難しいようであればご相談下さい。100Wを超えるものの仕様、価格、納期等は別途お問い合わせ下さい。)

業務用100W機(それ以外の出力のものも含む。)は特許、耐雷型です。仕様、価格、納期等は別途お問い合わせ下さい。

もっと詳しく!

○量子型光センサスイッチ(中学校技術科など)(題材・教材・教具)
  新学習指導要領 中学校技術科対応です。(主に3年生実習用)
赤外線センサを用いた自動スイッチです。従来の焦電型ではなく、量子型赤外線センサを用いた最新型、実用においても最先端の自動スイッチであり、今後が期待されています。
中学校での多角的実践と教育効果の確認も終了、生物育成以外の材料と加工・エネルギー変換・情報の全てに題材、教具教材のどちらとしてもお使い頂けるものにしてあります。
ご希望に応じた形としてお届けさせていただきます。まずはお問い合わせ下さい。
                    京都教育大学研究紀要 NO.122,pp.73〜86  論    文
○1/4耐熱目盛り付き試験管(理科全般)
  新学習指導要領 小中学校理科対応です。(安全配慮。全学年)
生徒実験を安全に進めるためのものです。試験管に入れる試料の量はその規定容積の1/4までとされています。またこれは試験管の使い方の基本であり、小学校から実験を通じて児童・生徒に教えます。
ところがこの1/4を「目測」で入れるのは案外、児童・生徒にとって難しく、理科実験室で指導者が困ってしまいます。これは試験管の場合、単純にその全長の1/4ではなく、規定容積の1/4となるためです。
また試験管は試料を加熱、冷却するためのものでもあり、従来の計量用、目盛り付き試験管を使うというのも難しいという問題があります。
そこで当社では特許、航空宇宙用特殊塗料を用いた特殊塗装技術により耐温度−180℃〜+600℃の1/4容量目盛りを刻んだ試験管をご用意しています。ご希望される試験管の容量に応じ、1本から1/4目盛りを刻むことができますので、まずはお問い合わせ下さい。
希望小売価格 : 24,000 円  納期 : 受注生産品。約5週間。
(送料、消費税、お打ち合わせ費用(出向実費)別。耐熱φ16.5mm×L165mm 50本入り。価格、本数別で、他のサイズのものも製作できます。価格と納期は試験管の種類と数量によって変わります。)
完全受注生産、ひとつひとつのガラス製品です。1本から製造・販売しています。本数によって単価は大きく変わります。上記の試験管であれば、1本のみで1,500円 (送料・消費税別)、100本で350円/1本(送料・消費税別)です。本数によるお見積もりをさせて頂きますのでご相談下さい。
危険!
加熱、冷却する試験管は、耐熱ガラス製のものでも、特に「キズ」を嫌います。「使い捨てはもったいない」
の意識から、「最後に」古い傷だらけの試験管を強加熱、強冷却の実験に使用する例が多い(小学校では
アイスキャンディを作る、中学校では硫化鉄の合成などでよく見られます。)ですが、これは極めて危険で
あり、実際に学校での破損事故報告があり、事故原因調査にあたった試験管メーカーから公式に具体的
な実験名、実験内容(事故に至った詳細な経緯)まで示しての厳重注意がされています。
「常識的な取り扱い」であるため、「これまで大丈夫だったから」や「まさかそうなるとは」は、あり得ません。
「これまで大丈夫だった」は「これまで運がよかった」だけのことです。
「目に見えない小さな傷」が特に怖く、試験管はその名の通り、試験のためのもの、本来は使い切りの
ものであることを忘れず、強加熱、強冷却の実験には必ず未使用新品の耐熱試験管を用いて下さい。
(安価な非耐熱の試験管を用いたための事故報告もあります。試験管は「混ぜて保管しない」です。)
新品の耐熱試験管でも一度、強加熱または強冷却したものは、再加熱、再冷却してはいけません。
これは熱による大きなストレスがガラス内部に蓄積されていて、目に見えない傷が再度の加熱、冷却により
大きく成長し、あっという間に破損に至ることがあるためです。
なおこれは試験管に限らず、ビーカー、フラスコなど、ガラス製の実験器具は全て同じです。
○校正用標準分銅・校正用おもり
  新学習指導要領 小中学校理科対応です。(安全配慮。全学年)
よく失敗する実験、中学校では「質量保存の法則を確かめる実験」があります。
なぜか化学反応の前後で質量が変わってしまう…。原因は「はかりがおかしい」が多いです。「釣り合い」でみる上皿てんびんで確かめる場合にはおよそ失敗しませんが、今は電子てんびん。理科室の電子てんびんは「練習用」のため、どうしても手荒に扱われ、グラム単位で指示値がずれてしまうこともあります。
はかりは常に正しく質量を示すか確かめて使う必要があります。このために「校正用標準分銅」があります。
OIML(JIS B 7609:2008)規格、M2級のものをご用意できます。材質は長期保管に耐え、かつ取扱容易な非磁性特殊ステンレスです。標準で1g(誤差±3mg)10g(誤差±6mg)100g(誤差±16mg)をご用意できます。通常はこれで学校の理科準備室の薬品庫用のはかりも保守できますが、0.1(mg)オーダー、高毒性物質の管理などで、より高精度なものを必要とされる場合には別途、ご相談下さい。当社オリジナルのE1級、「純金製校正用おもり」まで製作できます。
※ 何で「純金製校正用おもり」なの? 〜現場教員、当社の独自アイデアです〜
空気には重さがあります。はぁ?そんなことは当たり前だが無視できるだろ?普通にはそうですが、これがE1級の要求精度ともなると、無視できなくなります。
分銅、おもりは非磁性、すなわち地球磁場影響をおよそ受けないものであっても、空気による浮力により、その重さはその質量よりも必ず小さくなります。これがE1級では問題になります。許容誤差の大きなM2級ぐらいのものは、非磁性の黄銅などを選んで作っても何とかなりますが、E1級となると、周囲気圧変化だけで許容誤差範囲を逸脱してしまい、校正できなくなってしまいます。誤差を小さくして許容誤差範囲に納めるためには、まずは分銅、おもりの体積を小さくし、浮力を減らす必要があります。すなわち高密度の物質で分銅、おもりを作れば、それだけ誤差が小さくなります。
そして空気中には水、酸素など、金属と容易に強力な化合物を作る物質が含まれている、まして理科室では他のさまざまな物質の影響をより強く受けるため、黄銅などで作られた分銅は、M2級のものでも短期間で定期交換していく必要があり、E1級ともなるとその保管の難しさなど、現実的ではなくなります。
このことから、例えばキログラム原器のように最適となるプラチナを主原料とした合金で作ればよいのですが、プラチナは希少金属、さらに高融点で硬く加工が難しい、とても高価になることから、当社では次に最適となる金を使っています。金も決して安価な材料ではありませんが、低融点であり、比較的、加工も容易であることから、その分、安価になります。また例えば特殊ステンレスで作られたE1級の分銅でも不活性雰囲気あるいは真空に近い減圧雰囲気中での保管が要求され、それでも使用中の空気暴露によるダメージが大きく、どうしても短期間での定期交換を余儀なくされますが、純金製のものはその高い化学的安定性より通常空気中での保管でも、長期にわたり許容誤差範囲に保つことができます。ただし金は温度による体積変化が大きく、その分、浮力変化が大きく、許容誤差範囲に収まらなくなることがあることから、校正時の温度管理が重要、またやわらかい分「取り扱いによる磨り減り」に注意しなければならない欠点があります。特に磨り減りの問題は金を使う以上、仕方のないことであり、このことから当社では「E1級分銅」ではなく、「E1級おもり」とし、短期交換することなく、お客様側で定期的に指定検査機関で検定され、長期にわたり継続してご使用頂けるものとしています。
「分銅」と「おもり」は別物です。分銅には「定量規定」があり、例えば「M2級10g」のものは、9.9945〜10.0064(g)の質量真値範囲になければ校正用分銅として認められませんが、おもりには定量規定はなく、すなわち小数点以下の数値が所定桁数まで正しいことが検定証明されていれば、校正用として使用することができます。
なお質量基準は今後、分銅である国際キログラム原器ではなく、別のもの(方法)にすることが、国際度量衡総会で決議され、現在、その方法が研究されており、固まり次第、そちらに移行します。最も身近な「質量を測る」が実は最も難しく、今日に至るまで「分銅基準」です。また「質量基準を配る」ために分銅やおもりは、基準移行後も変わらずに使われていく方向にあります。
希望小売価格 : 24,000 円  納期 : 受注生産品。1〜2ヶ月。
(1個。1g、10g、100g同じ。国産。送料、消費税、お打ち合わせ費用(出向実費)別。M2級。専用収納ケース付き。なお納期は数量によって変わります。)
純金製E1級10gおもり 希望小売価格(参考): 400,000円
(受注生産品。検定書、専用収納ケース付き。国産。送料、消費税、お打ち合わせ費用(出向実費)別。原料金地金価格変動に伴い時価になります。また納期も検定順、数量によって変わります。)
○立体幻影表示器 ∫マシン−S (中学校数学など)(教具)(飛松 聡 先生 ご考案)
2020年完全実施の新学習指導要領中学校数学には、空間図形を直線や平面図形の運動によって構成されるものと捉えたり、空間図形を平面上に表現して平面上の表現から空間図形の性質を見いだしたりすること、また、立体図形の表面積や体積の求め方を考察し表現することとあります。
例えば長方形を1回転させると円柱になる。だから円柱の体積は底面積×高さ。しかしこれが子供たちにとってはかなり難しく、実は大人も「バラバラ」です。
これは、いわゆる空間把握能力には男女差がある上、年令と訓練によって大きく違ってくるためです。
パーソナルコンピュータを使って表示させるのは簡単ですが、ゆえにこのため「実体」があるのとないのとでは、理解度は大違いになります。
そこでここは「完全アナログ」、厚紙などを任意の形に切り、実際にモータで回転させてみると、ヒトの目の残像効果により、厚紙などは立体に見えます。
基本構造(回転機構部など)は同じで、保護ケースなどは任意のものを使い任意に製作できます。本格的な6段変速機、安全装置を内蔵、厚紙などの着脱もワンタッチであり、生徒が製作したさまざまな形の平面を立体として示すことができます。
ご参考用取扱説明書
希望小売価格 : お客様仕様による。 納期 : 受注生産品。お客様仕様による。
○紫外線(UV-A、B)検出器(中学校理科、技術、保健、高等学校理科、工業など)
   新学習指導要領 中学校理科1分野、2分野、中学校技術科対応です。
いわゆる「日焼け」の原因となる、生体に有害な紫外線AとBを高精度に検出します。
中学校技術科向けには、完全にバラバラ、基本部品のみご購入頂き、安価かつ自由に製作していただく、ある程度まで完成させたものをご購入頂き、部品を追加してアレンジしていただく、あるいはお客様ご指定仕様での完成品として納品させていただくなど、自由度を高めたものとしてあります。
中学校理科向けには、新学習指導要領、1年生の1分野実験、白色光プリズム分光光の紫の外側にある紫外線確認用、また3年生2分野の実験、太陽光の紫外線量測定にお使い頂くため、完成品として下の右の写真のものをご用意させて頂きます。
〜 先輩から後輩への想い 〜
紫外線(UV-A、B)検出器のキットは高校生が集まって作っています!
主に中学生向けのこの教材、全国でも極めて珍しい、高校生が集まり、自分たちの経験からアイデアを出し合い、全て手作りしている製品です。お客様からのご要望(仕様)はこの子たちがお請けし、この子たちがひとつひとつ丁寧に手作りしてお客様にお届けしています。「全国の後輩に廉価で高度なオリジナル教材を届けたい」の思いからの、学校、課程の枠を超えた高校生たちのボランティア活動による製品であることから、本教材は高品質かつ高度なものであるにもかかわらず低価格でのお届けが可能となっています。従いまして特にこのキットにつきましては、ご発注後の納期変更(短納期対応)、仕様変更、またキャンセルは固くお断りさせて頂いています。
検査と手直しの様子です。全員で細かく全品検査、直しをしています。
細かいところにも決して妥協せず、念入りに直します。納得できなければイチから作りなおします。
最終の厳しい技師長検査へ。緊張します。 完成!後輩に喜んでもらえるかしら?
中学校技術科向け 生徒組み立て用 キット (1年生または2年生実習用)
希望小売価格 : お客様仕様による。 納期 : 受注生産品。お客様仕様による。
中学校理科向け 生徒実験用 完成品 (1年生1分野生徒実験、3年生2分野生徒実験用)
希望小売価格 : 10,000円(送料、消費税、お打ち合わせ費用(出向実費)別。)
納期     : 在庫のある場合には即納。在庫のない場合には3ヶ月程度。
仕 様 書
他にもいろいろあります。ご相談、お問い合わせ下さい。
なお当社教材のご購入はご利用の販売社さま経由、当社直接のどちらでも可能です。

© 2017 IMADA YUME-MIRAI KAGAKU-LABORATORY.GPC. ALL RIGHTS RESERVED.